内容

野球肘相談(小・中学生対象)12:00~16:00  ※要事前申込み
主に野球肘の早期発見を目的としています。
理学療法士による肘関節可動域のチェック、痛みのチェック、医師等による超音波(エコー)検査を行います。もし異常が見つかった場合には、医療機関の受診をお勧めします。
今年は、各チーム3名まで(投手・捕手等)とさせて頂きます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
※ 検診をスムーズに行うために、事前に問診票を記入してお持ちください。問診票のダウンロードは下のボタンから行えます。
※ 野球手帳をお持ちの方は当日ご持参下さい。
野球医事相談(中学生・高校生対象)12:00~15:00  ※要事前申込み
痛みや気になる症状のある選手の相談を専門医が行います。また必要に応じて専門医、理学療法士が指導を行います。
今年は、痛みのある選手など各チーム3名までとさせて頂きます。
スポーツ医学研修会(BCNN研修会)17:00~  ※要事前申込み
会場とオンラインにおるハイブリッド形式で行います。
【座長】塩崎 浩之先生(済生会新潟病院 整形外科部長) 
【特別講演1】「投球動作解析から見た成長期野球選手の投球パフォーマンスと障害予防」
    西野 勝敏先生(新潟県健康づくりスポーツ医科学センター)
【特別講演2】「最近の野球肘の治療 ~手術からPRP:多血小板血漿・神経リリース・体外衝撃波まで~」
    望月 友晴先生(新潟大学医歯学総合病院 整形外科)